切手の収集の趣味は図案・配色が綺麗と買い取り時に値上がりがある事

切手を収集してから約50年は経過しています。その頃は切手の収集する人が多かったのが1つの理由になります。

切手の収集家の収集する切手は、国内であれば封筒に貼る通常切手がありますが、年度で値上がりする事がありますので時価の値段になります。

その他に、近年は見かけなくなった記念切手が郵政省により発行されます。

その切手の図案は専門家のアイディアや配色が施されていますので、見ても美しい事から収集する人が表れます。収集家が多数いる事から便乗して、郵政省は専門家が配した図案に色を施し以前から発行しています。

文化人切手は近年見かけなくなりましたが、以前では小説家や思想家など様々にありましたが、現代では見かけなくなっています。

文化人切手は、国に貢献した人が切手になっていますが、配色は単一化しています。

しかし、当時の販売値段で封書に利用できますが、収集家が多いために値段が上がり取引されていますの、で値上がりしている切手を現代で使用する人はいません。

そのように図案や色が美しいという理由で切手の収集をしている趣味の人がいます。

また文化人切手のように表示価額よりも高価になる切手になりますので、そのためにインターネットの時代になっても昔の切手を収集をしている人がいます。

しかし、インターネットの時代になって、切手収集の趣味は減少していますので、郵政省でもそんなに記念切手類を発行していないようです。

インターネットが普及する前は、記念切手などを収集する多くの人がいました。

以前ではデパートの切手売り場に行けば、記念切手などが値上がりした当時の値段で購入し、ストックブックに保管をしている人も多いと思います。

PR

コメントは受け付けていません。